女性ホルモンてそもそも何? ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や組織をコントロールしています。その中で、女性特有のカラダつきやカラダのリズムに大きな影響を与えるのが「女性ホルモン」です。 この女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

女性らしいカラダをつくるのがエストロゲンです。 肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったり、女性のカラダ全体の健康を支える役割も果たします。また、脳や自律神経にも働きかけるため女性の心身に大きく影響するのが特徴です。

プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。

2つの女性ホルモンの中で、特に“女性らしさ”に関連するのが「エストロゲン」
女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほど。
そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのです。

そして結論として言ってしまえば、この女性ホルモンを増やすことはできません。
なぜなら、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半。
30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのみ。
卵巣の中の卵胞が減り、特に閉経前後の45〜55歳には激減していきます。

「イライラ」「不安感」「急な汗」など女性特有の“ゆらぎ”が起こるのはこの頃です。
さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。
逆に言えば、この女性ホルモンの減少に対しての対策をしっかりすることが、“ゆらぎ”の緩和にもつながるのです。

1. バランスの良い食事
2. 質のいい睡眠
3. 運動
4. 精神面の充実(楽しむこと!)

このイソフラボン、実は・・・

女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きをするとされてきた「大豆イソフラボン」。しかし近年の研究で、「大豆イソフラボン」のパワーの源は「エクオール」という成分であることがわかりました。

しかし・・・

大豆イソフラボンが体内の腸内細菌のチカラで変換されて生まれる「エクオール」
しかし、大きな問題が1つ。それは、この「エクオール」を、体内で作れる人と作れない人がいるということ。実はこのエクオールを産生させるための腸内細菌を、日本人の場合、2人に1人しか持っていないのです。

また、この腸内細菌は子供の頃にその種類が決まってしまうため、大人になってから、エクオールを作り出す腸内細菌を持つことはできないと言われています。

でも大丈夫。

UNDEUXのプロテインは、「ラクトビオン酸」を配合することで、すべての方が大豆イソフラボンをエクオールへ変換できることを期待できます。 ラクトビオン酸は、オリゴ糖の一種。イソフラボンと同時摂取することで、エクオールの産生を促進する作用が確認されています。

女性ホルモンは、女性の暮らしと体に大きく影響します。女性ホルモンを補うことやコントロールすることで女性の生活や心身はよりよいものとなります。
補う方法の一つは、エストロゲンとよく似た構造を持つ、大豆イソフラボンですが、大豆イソフラボンのエクオールという成分が重要だということがわかりました。ですが、日本人女性の半数が大豆イソフラボンを摂っても、このエクオールに変換できません。そこで、UNDEUXプロテインは、すべての女性が大豆イソフラボンをエクオールに変換できるよう願い、「ラクトビオン酸」を配合しています。医薬メーカーと企画し、最新のデータを元に企画しています。

私達UNDEUXの願いは、女性の元気。
女性の元気は、社会全体の元気となることでしょう。